ホーム  >  DVD買取 売買キングのスタッフブログ

DVD買取 売買キングスタッフブログ

スピードマスター プレミアム・エディション [DVD] 買い取りました

2015.04.29

category: 映画

カッコイイ車が勢ぞろい!

北乃きいちゃんが初々しく、可愛いです。

『ワイルドスピード』シリーズ、『頭文字D THE MOVIE』に迫る世界水準のカー・アクションムービー、遂に日本に誕生!
スピードに取り憑かれた走り屋たちの超絶最速バトルが幕を開ける!!
特典ディスク付き2枚組プレミアム・エディション!

【初回特典】●特製アウターケース

【特典映像】※予定
●予告篇&TVスポット

【特典ディスク内容】※予定
●メイキング・オブ・「スピードマスター」
●キャスト&監督インタビュー
●VFXメイキング
●ドリフト・シーン・メイキング
●チューンアップ・マシン大集合
●RX-7 FC徹底解剖&カスタム講座
●J-SPORTSCARS FESTIVAL
●製作発表イベント(東京オートサロン)
●プレミア試写会イベント
●初日舞台挨拶

※内容はすべて予定です。変更になる可能性がございますのでご注意ください。

【スタッフ】
監督:須賀大観(「最終兵器彼女」)/カーバトル監督:江良圭/脚本:木田紀生(「バトルロワイアルII鎮魂歌」)/VFXスーパーバイザー:住田永司

【キャスト】
中村俊介/内田朝陽/北乃きい/鮎貝 健/阿井莉沙/脇阪寿一(特別出演)/中山祐一朗/蒲生麻由/鈴木慶一/大友康平

【Story】
かつて最速無敵を誇った走り屋の颯人だが、バトルで友人を失い、速さを求めることに虚しさを覚えて、すでにステアリングを置いていた。しかし、1人の少女との出会いをきっかけに、驚異のチューンナップカーと巡り合った彼は、再びカーバトルの世界へと呼び戻されていく。
そして、少女との約束を守るため、たった1人で無謀なレースに挑むことになる...。

売買キングではDVD高価買取実施中

お気軽にお問合せください。

映画感想「モールス」

2015.04.29

category: 映画

先日「モールス」という映画を見ました

12歳の男の子と12歳の女の子の初恋の物語です
ところが実は女の子はヴァンパイアだったのです

-----------------------------------------------------------------------

この作品はスウェーデン映画「ぼくのエリ」のハリウッド・リメイク版です
「ぼくのエリ」は非常に完成度の高い作品でしたからリメイクする必要など感じないし、むしろリメイクして欲しくないと思えるほど私は気に入っています

過去にもリメイクの失敗はあります

「ニキータ」と「アサシン」や、古くは「七人の侍」と「荒野の七人」など

でも、アメリカ人はアメリカ映画しか見ないからしかたないのかもしれません

この「モーリス」は「ぼくのエリ」よりも予算があったのでしょう

特殊効果などによりコストをかけたおかげで非常に美しい映像になっています
それと、少し理解しやすい演出になっている気がします

主演の女の子は「キック・アス」のクロエ・グレース・モレッツ
監督はクローバー・フィールドのマット・リーヴス

ちなみに邦題は「モールス」、原題は「Let me in」
「ぼくのエリ」の原題は「Let the right one in」
どちらの原題も「私を受け入れて」という意味

邦題はセンスなさすぎです(T-T)
サム・ライミの「Drag me to hell」に「スペル」という邦題をつけたせいかあまり話題にもなりませんでした

直訳すれば「私を地獄へ引きずって」になり、この方がよほど興味をそそられただろうに

ところで、「モールス」の感想です

これはなかなか素晴らしい出来栄えです

まず主演二人の演技力が素晴らしい

元映画ではストックホルムが舞台でしたが、これをアラスカのリトル・メキシコに持って行ったところが良かった

雪に閉ざされた閉鎖的な街の雰囲気が恐怖を増しています

そしてなによりヴァンパイアの悲哀と少年たちの残酷さ、純粋さが胸をえぐります

もうすぐ生まれて半世紀もたってしまう私のこころにもグサグサですw

あと150年ほど生きればヴァンパイアになれるかしら(^^)

 

はやくDVDになってほしい作品です

そしてこの作品なら高価買取しますよ(^^)

 

ページトップへ